美容室以外で美容師免許を生かすことのできる職種

美容室以外で美容師免許を生かすことのできる職種
所要時間:約415

美容師の転職において、就職先を考える際に悩みがちになるのが、美容師免許を生かせる仕事に転職するのか、美容師免許を全く生かせない仕事に就くのかというポイントです。

せっかく高い学費を支払って、美容師の免許を取得したにもかかわらず、美容師免許を生かすことのできない仕事に転職するのはもったいない、今までの努力が無駄になってしまうのではないか。

という考えがまず最初に浮かぶのではないでしょうか。

しかし、美容師免許を生かすことのできる職種はもちろん美容に関する職種で、その中でも限られています。

美容師から他業種へ転職した人の中では、美容師免許を生かすことのできる同じ美容業界に転職する方よりも、実際に美容師免許を生かすことのできない、全く別の職種に転職する方の方が多く存在するのです。

ここでは、美容師免許を生かすことのできる職種についてご紹介していきたいと思います。

アイリスト

アイリストとは、今女性のあいだで流行している、まつ毛エクステを施術する技術者のことをいいます。

ここ数年の間で、まつ毛エクステの需要はかなり伸びており、一回付けると永久ではないので、定期的なメンテナンスが必要になるので、美容室やネイルサロンのように数カ月ごとに継続して利用する女性も増えています。

ですので、将来的にもまつ毛エクステは伸びる見込みがあり、技術者がどんどん必要とされる時代になっていくでしょう。

また、アイリストは美容師以外で美容師免許が必要とされる代表的な職業で、美容師を経て、まつ毛エクステサロンのアイリストとして勤務し、その後自宅などで開業する方も中にはいます。

免許と経験さえあればアイリストはキャリアアップや独立も目指すことのできる将来性の高い職業として人気が高まっています。

美容室のように機材や材料費、店の規模もそれほど必要ではないので開業しやすく、リスクも少ないのが人気の秘密です。

美容師からアイリストへの転職ってどうなの?
・美容室で仕事してるけど、人間関係めんどくさいし、給料も...

福祉美容師

福祉美容師とは、美容室に出向くことのできない介護が必要な方や、障害のある方の自宅や病院、施設へ直接行き、美容業を行う美容師の事を言います。

高齢化社会の今の時代、福祉美容師の需要は高く、これからも必要とされる職業として人気でやりがいのある職業です。

美容師から福祉美容師に転職するケースも多く、より人の役に立ち必要とされる職種ですのでやりがいを感じる方も多いようです。

また、福祉美容師になるためには、NPOや厚生労働省認定の協会が発行している認定福祉美容介護師の資格を取得することが必要になります。

美容師免許を持っていれば比較的取りやすい資格ですので、働きながらの取得も可能です。

美容師は美容室で勤務するだけの職種ではなく、これからの時代は様々なステージで活躍できる職業です。

美容師を辞める前に、活躍の場を変えることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

美容学校教員

美容学校の教員は美容の知識や技術もそのまま全て生かすことのできる職種です。

美容学校の教員にも、カットやパーマ等の技術を教える教員や、美容師法や、衛生管理、技術理論などの学科を教える教員等さまざまです。

自身の得意な分野を生かし、教員として転職することも可能ですが、美容学校の教員になるためには美容師免許のほかに専門の教育センターで教員資格を得るための研修を受ける必要があります。

また学科によっても研修の受講資格がそれぞれ設けられており、中には大卒であることが必要だったり、美容室に3年以上従事した者という規定もありますので注意しましょう。

アデランス等のビューティーカウンセラー

この職種は、ウィッグを使用しているお客さま専門に自髪のカットやセットおよびウィッグのメンテナンスを行う仕事です。

技術のみならずウィッグやヘアケア用品のアドバイスも行います。

美容師免許が求められる職業の一つで、初任給は一般の美容師よりも高めに設定されております。

また、勤務時間も定時制であったり、美容師とは違って賞与のある会社も多いので、美容師に比べると労働環境も整っていると言えるでしょう。

しかし、ウィッグ販売が主なので、ノルマ等があるところも多いですし、営業職なので接客対応等はしっかりと学ばなければなりません。

最後に

いかがでしたでしょうか?美容師免許=美容師というイメージが根強くある社会ですが、美容師以外にも活躍できる場は他の職種に比べると少ないですがゼロではありません。

また、美容師と言っても福祉美容師や、ウィッグ専門の美容師など活躍の場は様々です。

美容業が好きな方は、美容師免許を生かした職種の方がムダがありませんし、おすすめです。

免許さえあれば一生ものなので、いずれ独立したりとキャリアアップも望める素晴らしい国家資格ですので、転職の際は、美容師免許をどうするかをまず考えましょう。

他業種への転職なら
求人件数の多い総合型の転職エージェント

転職活動の際は転職エージェントのサービスを利用することをお勧めします。

自分の希望とマッチングする会社の紹介から、面接の日程や、必要であれば条件の交渉までしてもらえるのでとても便利です。

一番のメリットは、一般の求人には載っていない『非公開求人』も紹介してらえることです、これは通常の求人サイトに掲載されることはありません。

実際に求人募集している会社の70%以上はこの非公開求人なので、これを紹介してもらえることによって選べる会社の幅が格段に上がります。

こういった無料の転職サービスは積極的に利用して転職活動を有利に進めていきましょう。

また、それぞれ得意な分野も取り扱っている求人も異なりますので、下記の2社はどちらも無料なので併用したほうがいいです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人サービス系の会社としては最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

その知名度の高さから求人登録している企業数はかなり多いので、他業種への転職には欠かせません。

転職求人情報サイトのリクナビNEXTと違い、転職エージェントという担当者が転職のサポートをしてくれるところが大きな魅力です。

公式サイトを見る

DODA -デューダ-

DODAは人材紹介業界大手であるインテリジェンスの転職サービスです。

特徴としてはとにかく求人数が多く、その数は33,000件で業界トップクラス!しかも大手で高収入の求人が多いのも魅力の一つ。

求人件数と求人の質がいいので、ここも必ず押さえておきたい転職サイトです。

公式サイトを見る

美容師として転職するなら
美容業界専門の転職求人サイト

キレイビズ

キレイビズは美容師を中心にアイリストなど美容関連のお仕事情報サイトです。

美容関連特化型なので美容師または美容師の経歴・資格を生かした仕事がしたい場合は希望する求人が見つかりやすいです。

公式サイトを見る

役に立ったらシェア!

ランキング応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ